読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのリノベーション

都内の中古マンションリノベーションを計画中です。計画&備忘録に。

トラフ展 インサイドアウト

お出かけ デザイン

f:id:workmam:20161231085000j:image

すでに終わってしまっている展示について書くのは気がひけるけれど…メモ。

最終日にすべりこみ。
事前に講演会には参加していたのだけれど、
実際の展示を見に行く時間が取れず。

トラフといえば、空気の器が有名だけれど、(とはいえ使い道がよく分からなくて買ったことないけど…)
今までに作ったものを一堂に見られる楽しい展示。

ホテルクラスカの内装デザインからユニットとしてのキャリアをスタートさせ、その後もずっとトラフ名義での仕事が続いているってすごいなぁと思いました。

f:id:workmam:20161231085031j:image

1フロアは展示、上のフロアはその映像になっていました。

大きなテーブルの上に、作品とモチーフじゃないけどデザインソースになりそうなもの、
例えば港北の家のそばにはジャックフルーツ?とクリームの絞り型がレイアウトしてあったり。
そしてNゲージがその作品の間を走り回り、映像解説が添えられていて楽しかったー!

港北の家は模型のミニサイズでもやっぱり素敵。

それにしても施主さんがどんな人なのか気になる。コンクリート打ちっ放しの平屋で、4箇所もトップライトがある設計でOKするなんて、相当なセンスの持ち主に違いない。

トラフのデザインは、小さいものから大きなもの、
多岐にわたっていて、その中にはこれは!っていうものあればそうでないものもあると思うのですが、これだけのものを世に出し続けるってことがまずすごい。

印象に残っているのは、
リサイクルガラスの照明、
石巻工房のプロジェクト、
ワンドッグ、ミラノサローネだったかのキャノンの展示。普通だったら壁面に投影されるところ、水糸を張ってそれを眺める展示。
歪んで見える鏡。そしてもちろん空気の器。

f:id:workmam:20161231085230j:image

ビデオだったか、講演でだったか、試作段階で自立する切り込みの幅を探るため、1枚あたり6時間ぐらいかけて手作りしていたっていうのを聞いて、なんてデザインっていうのは根気がいる仕事なのかと思う。
最終的に0.9mmと言っていたような。1mm以下の世界である。

そして子どもの食いつきが非常によかった!
我が家は比較的デザインとか美術とかに関心があるので、小さい頃から連れ回しているのですが、
興味がないときは割とスルーされるんだけれど、
今回はすべての展示を順番にながめ、触れるものは触り、映像も最初から最後まで見るという気合の入れぶり。若干ピタゴラっぽいところにも惹かれたのだと思うのですが、詰め込まれているものをすべて取り込みたい、というような食いつきに、こちらが若干ひくレベルでした。

とはいえ、今のところ、芸術的なセンスがあるかっていうと微妙なところなのですが。

なかなか、そういう方面を伸ばすのは難しいですねー。算数とか国語の方が楽。

 f:id:workmam:20161231085139j:image

1Fのセラトレーティングでも、空気の器の展示が。

ここで扱ってる蛇口とか、洗面器とか、洗練されていていいのだけれどお値段的に選択肢にもあがらず。見学には行きましたけどね。

 

 

トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト

トラフ建築設計事務所 インサイド・アウト

 

 



 

ジャン・プルーヴェ展

お出かけ

 

ジャン・プルーヴェ展に行ってきました。
10/22.23の二日間限定だったのが本当に惜しい、素晴らしい展示。そのうえ無料という太っ腹な企画。

f:id:workmam:20161029095659j:image

場所がフランス大使館公邸ということもあり、
セキュリティチェック&身分証の提示を求められたり、おそらく警備上の都合ではないかと。

f:id:workmam:20161029095717j:image

日本庭園に組み立てられた F 8×8 BCCハウス。
なんと、世界に2点しか現存していないものだそう。

1941年に作られたものとは思えない、端正な佇まい。

f:id:workmam:20161029100024j:image
工業化されているとはいえ、手仕事の技が随所に感じられて。
しかも中の家具もいちいち素敵なのです。

f:id:workmam:20161029095950j:image

もうね、興奮した来場者のシャッター音が会場に響き渡ること。
私の写真テクニックがイマイチなのは置いておいて…

展示の多くがZOZOの前澤友作氏のコレクション、って凄すぎないか???

f:id:workmam:20161029100053j:image

充電できてよかった。

なるべく、子どもにも色んなものを見せたいと思っていて。
もちろん、連れまわされて本人は覚えていないかもしれないのだけれど。

迎賓館の公開にも近々行きたいなぁ。

 

HOUSE VISION2016に行ってきました

建物 お出かけ
f:id:workmam:20160821222359j:imagef:id:workmam:20160821221845j:image
晴海で開催中のHOUSE VISIONという家の展示に行ってきました。
f:id:workmam:20160821220707j:image

前回開催時も行ったのですが、半歩先の家のイメージが感じられて楽しい展示なのです。連日トークイベントも開催されているし。

冷蔵庫が外側から開く家
f:id:workmam:20160821220729j:image
柴田文江さん

コンセプトはよいと思ったものの、実際に冷蔵庫から何か取り出せるとか、ただのモックじゃなくリアクションとれるとよかったです。

吉野杉の家
f:id:workmam:20160821221139j:image
長谷川 豪さん

吉野杉の家、居心地よかった!会期終了後は、実際にAirbnbの物件として使われるそう。分解してトラックに積めるという点もエコ。
f:id:workmam:20160821220950j:image

の家
f:id:workmam:20160821221021j:image

のの字の動線の室内、膜状の屋根。どんなところにも移設可能な身軽な家。
これから流行るであろうIOTの未来を体感できる展示。貸出用のiPadを数字にかざすと、VRでアニメーションが始まるようになっていたのですが、子どもは炎天下の中全てかざしたがって大変でした…。愉しんでいて何よりですが。

棚田オフィス
f:id:workmam:20160821221111j:image

オフィスっていうか、小屋です。
会期終了後は実験的に実際にオフィスとして使うということなのですが、暑そう…。

遊動の家
f:id:workmam:20160821221208j:imagef:id:workmam:20160821221235j:image
谷尻 誠・吉田 愛さん

ニュー・ノマドのための家、ということで、和風インテリアの空間、という感じでした。
お洒落。こんな感じにリノベしてほしいっていう人、多いだろうな、と思います。

賃貸空間タワー
f:id:workmam:20160821220707j:imagef:id:workmam:20160821221421j:image

塔のような小屋のような、楽しい場所です。
最近、賃貸住宅でもコミュニティを提供することで人気の物件がありますが、(ソトコトとかに載っていそうなやつ)、そんな感じです。独身か、離婚したりして身軽だったら住んでみたい空間です。


冷涼珈琲店─煎
f:id:workmam:20160821222629j:image
AGF
長谷川 豪さん

お茶屋さん風コーヒー処。風にはためく布が目に涼しげでした。コーヒーよりもビール、かき氷!っていう気分だったので利用せず。

凝縮と開放の家
f:id:workmam:20160821221525j:image

坂さん!って感じの紙管、コアに集約した水回り、大開口の窓…。コンパクトながら住みやすそうで、現実に建ちそう。お風呂の浴槽が収納式なのに驚きました。(実際収納することはなさそうですが…)

市松の水辺
f:id:workmam:20160821223448j:image
西畠清順さん
隈 研吾さん

この日一番長居したのがここでした。
足湯じゃなくて足水。陽に当たって火照った体の中から冷やしてくれて、極楽。浸かりながらビール。幸せ!夏なのに紅葉している紅葉を眺めながら、しばしのんびり。

木目の家
f:id:workmam:20160821221716j:image
日本デザインセンター
原デザイン研究所

木目がホンモノでなくプリントなのに、驚くほどリアル。センサーが組み込まれていてストレスチェックもしてくれるというちょっと嬉しい展示。

内と外の間/家具と部屋の間
f:id:workmam:20160821221826j:image
f:id:workmam:20160821221801j:image
f:id:workmam:20160821221845j:image
五十嵐 淳・藤森泰司さん

拡張された窓、とでも言えばいいのかな?
キッチンなど、覗くのに留まる場所が多かったので全容はつかめていませんが、3方がソファ素材で囲まれた座れる壁が居心地よかったです。

グランド・サード・リビング
f:id:workmam:20160821222014j:image

隈 研吾さん

車と家をつなぐ何がを考えてみた、でも答えが出なかった、みたいな展示。
マッチングがよくなかったんじゃないかと。
車なんて無くていい、という若者に夢を与えてくれるようなものがいいなぁ。
車から電力供給できます…って、発電機でいいよね?しかも家族別々のテントで顔も見えない空間にどんな意味があるんだろう…?顔は見えなくても空間的に感じられるつながりみたいなものかな?と、逆に考えさせられる展示でした。まぁ、確かに実家にいたときなんかは同じリビングにいても各自全然別のことしていたりするんだよね。読書したり、料理したり、家事したり。つかず離れず、っていうのが一番寛げるのは理解できる。


電波の屋根を持つ家

日本デザインセンター
原デザイン研究所(展示デザイン)
中島信也(映像制作)

子どもはVR体験不可だったので、体験できず。

f:id:workmam:20160821222310j:image
f:id:workmam:20160821222337j:image

それにしても1ヶ月しか開催期間がないなんて、もったいない!
8/28までなので、興味がある人は是非。

残り10時間!【無印良品週間】ライティングレール用スポットライト

買い物 インテリア
いやー、2016年1回目の無印良品週間も、実質今日で終わり。でも、ネットショップなら朝10時まで間に合います。(TSUTAYAで延滞金かからない的な)
無印良品週間 | 無印良品

あー買い忘れた!という方、今夜がチャンスですよー。

ついでに、今まで買ってよかった無印良品商品ベスト10。(評判がいいもの含む)

・人を駄目にするソファ

ポリプロピレン収納ボックス
我が家には計20個ほどある気がする。

・ドキュメントケース
整理収納上手への近道。

・土鍋
サイズがちょうどよくて、色もシンプルでよし。

・ノート類
こちらも今まで何冊買ったかわからず。
でも、今まで買って一番愛用したのはアウトレットで購入した、A5縦半分ぐらいのサイズの薄型リングノート。10年以上前に、10冊1セットで破格だったのでまとめ買いしたのだけど、再販して欲しいものです…。

・無漂白大判コットン
ローションパックにも使えて大判なので使いやすい。

・キッチン収納
カトラリースタンドにしろ、引き出し用の収納ケースにしろ、なんだかんだ便利。

・アルミお弁当箱
中学生ぐらいのとき、キャラ弁じゃなくしたくて自分のお小遣いで買ったお弁当箱。ガシガシ使ってもへこたれず、長持ちした記憶があります。今はもっぱらレンジ可能なジップロック弁当ですが。色気も品もあったもんじゃない。

・換気扇型CDプレーヤー
有名すぎる深澤直人デザイン。初めて見たときの衝撃は忘れられません。

・マイルドクレンジングミルク
ちゃんと化粧が落ちてるかどうか分かりませんが、オイルクレンジングだとオイルを落としきれなくてちょいちょいニキビが出来ていたのがなくなったのと、オレンジの香りが好きなので気に入っています。

・冷水筒
冷蔵庫に寝かせて使えるのはやっぱり便利。
ガラス製に比べると劣化する可能性&熱いままでは入れられないけど、2年以上はもっています。

特に好きなのはオクラのやつ。

なんだかんだ10個以上は軽く挙げられましたね…。意外と出ないかなと思ったのですが。
他にも愛用しているものは多々あり、先日遊びに来た義弟にお義姉さん家無印比率高くないすかと言われる始末。確かにそうだけど!

さて、今回購入したのはライティングレール用のスポットライト(小)。
こちらも前から狙っていて、ただ実際店舗で実物見てから発注。
大小、黒白あり、どちらも3900円。
違いは、明るさと、大の方は角度が変えやすく、その代わりコードが後ろから出ています。小はミニマルな形。
無印のスポットライトの何がいいかって、白なら白、黒なら黒と全て一色で出来ているところ。ライティングレール用のスポットライトを買うにあたり、結構画像検索してチェックしたのだけれど、メーカー品でもここまでシンプルなのは意外とないのです。
探すのももう疲れたし、10%オフだし、そんなに高くないし、ということで購入。
うまいこと写真が撮れず画像はありませんが、なかなかお気に入りです。





造作洗面台 名古屋モザイク クロイツの施工例

つれづれ リフォーム会社
なくなく諦めた名古屋モザイク クロイツの造作洗面台ですが、ふらりと立ち寄ったカフェにて発見。

f:id:workmam:20160401225105j:image

ううーん、やっぱり、壁面だったらそんなに水はねもしないからそこまで汚れないし、使っても大丈夫だったなぁ…やっぱり可愛い。

悔しいなー。

リフォーム会社も、メーカーも、リスクはなるべく避けたいのが本音だから、やりたい事があったら諦めちゃ駄目だな、と思いました。

造作洗面台のタイル選び その2

造作洗面台のタイル選び、クロイツにしようってほぼほぼ決めていたのですが、工務店さんから、洗面台にはあんまりおすすめしないと回答が。

以前ショールームに行った時、洗面にも使えるか確認はして、大丈夫ですよ〜、という答えは貰っていたし、名古屋モザイクのカタログにも洗面台の施工事例が掲載されていただけに、ちょっと不服だった私。
だって決めたつもりでいたからNGだったらもう一回選ばなきゃいけないし!さんざん迷ったのにー!←勝手

名古屋モザイクのショールームにお問い合わせし、再度確認。

すると、駄目じゃないけど、お手入れ的におすすめはしないということでした。表面はザラザラしていて掃除するにしても雑巾が毛羽立ったり、お花型のものは普通のタイルよりは目地の面積も多くなってしまうからとのこと。普通のタイルはつるっとしているから確かにそれはそうなのだけど。

そしてそれを聞いた夫からはNGが。
いや、確かにズボラだし念入りにお掃除するとも思えないんだけど…、無念!

クロイツのタイル、サンプルで貰ったので何かに活用して溜飲を下げることにします。
アロマオイルを垂らしたりとか。フレームにしたりとか。

というわけで名古屋モザイクショールーム見学、ふたたび。続きます。

結局最初にタイル選びの候補に入れていたコラベルにしそうです。

f:id:workmam:20160312075751j:image
kekkon-mix。

ドラマ「結婚しない男」のセットで使われた組み合わせがそのまま使えます。そのまま商品番号になっているところが可愛い。「ラストシンデレラ」のセットのシンデレラミックスもあり。

f:id:workmam:20160312081614j:image
こちらはランダムミックスじゃなくて規則性がある感じの貼り方ですね。

どちらも可愛くてもうこれでいいかな、ぐらいだったのですが、せっかくシュミレーターが使えるんだしもう少し遊びたい、ということで、2つを更にミックスしたような感じにしてみました。

仕上がりはこんな感じ。
f:id:workmam:20160312081430j:image
もう少しカラフルにしてもよかったかなぁ。意外とシンプルで落ち着き感がある(いや、いいんだけど)
でもまぁ長く使うものだし飽きないような方がいい、というリクエストだったので良いかと。

ミラーボックスも大容量だし、小物が散乱しないようにします!

造作洗面台のタイル選び

つれづれ ショールーム
リフォームするにあたり、是非やりたかったことの一つ、造作洗面台。

今の賃貸のごっちゃりした洗面台とは早く決別したい!見せない!すっきりホテルライクな洗面にしたいのです。でも細かいものはたくさんあるのでちゃんと収納力もある洗面が希望。

それにしても、リフォーム会社を検討中、ある大手リフォーム会社さんは私が優先度高く造作洗面台やりたいって言っていたのにも関わらず、予算を抑える段になったらサクッと造作なしにしましたって言われたのには驚いたなぁ。(そのうえ、畳の表替えすら削られていて、なおかつ予算はそれでも大幅にオーバー。大手だと下請け、孫請けにお願いしているからなんでしょうか。本当、そこにはしなくて良かったです。まぁ、今お願いしているところも結局じわじわ見積もり金額は上がったんですけどね…)

カウンター+洗面ボウル+ミラーキャビネット+タイル。

シンクはお家ブログでよく見かけるTOTOの実験用シンク、水栓は特にこだわりなかったので見積もり通り(確かTOTO)、ミラーキャビネットは当初パナソニックで見積りが来ていたのだけど、サンワカンパニーの方が安いかなーと思ってチェックしてたら1200幅のものにはティッシュボックス用の穴があると知り、即決。

ステムズミラーボックスEX W1200
¥51,400/台


しかーし!このタイル選びが難しい。
だってタイルの種類めっちゃ多い。

名古屋モザイクのカタログ&ショールームに行き、ひたすら見まくる&雑誌やブログで参考になりそうなものを探す日々。
名古屋モザイクさんは、リフォーム会社経由でサンプル取り寄せをお願いしたのですが、気前よくサンプルを送っていただきました。折角だからなんか作れないかな。鍋敷きとか?

元々は、ボーダータイルを採用しようと思っていたのです。好きなリノベーション業者さんのカタログによく採用されていて、いいなぁ〜って前々から思っていたもの。すっきりしていて清潔感もあり。

ただ、イメージ通りの色合いのボーダータイルが意外となくて、いっその事白か?でもせっかくタイル張りするのに地味? それともモザイクタイルのニューヨーカーかなー。いやいやコラベルもやっぱり可愛い❤︎と悩みまくること1ヶ月以上…。

名古屋モザイクの品番名覚えすぎ!(笑)今ならショールーム勤務できそうだよ〜。

結局決めたのは、お花型(クローバー型?)でレンガのような質感のクロイツという種類のタイル。ボーダーと組み合わせて使う予定。あー、でもホントに決めちゃってよかったのかなー!? 普通のタイルのように表面がツルっとしてない&目地の面積が大きいから、汚れやすい心配はあるのだよね…。使う場所は天板じゃなくて壁だから、大丈夫な気はするんだけど…。心配なのはイソジンの水はねですかね。染まりそう。ギリギリまでまだ迷おうと思います。
f:id:workmam:20160311213341j:imagef:id:workmam:20160311213413j:image