読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのリノベーション

都内の中古マンションリノベーションを計画中です。計画&備忘録に。

身の丈をしること

リノベーションをやりたいと言いつつ、1ミリも進展していない今日この頃。

理由ははっきりしていて、ライフプランが固まっていないからなのです。

家族でじっくりどうしたいか話し合う時間もとれないし、なんとなーく日々が過ぎ去ってしまっている今日この頃。

父、義父が亡くなったり身辺がバタバタしていたというのも、ある。

実家は両家とも母独り。今はまだ元気だからいいけど、将来(といっても10年は先だと思いたいけど)はどうなるかわからない。

子どもだって今後どういう生き方をしたいかわからない。中学から私立に行きたいと言い出すか?または親が行かせたいと思うか?はたまた突然単身海外に飛びだして行くかもしれない。

私自身、このまま働き続けられるか自信がない。今だってしょっちゅう弱音を吐きながらなんとかやっている状況で、夫も突然転職する可能性だってゼロではない。

でも、わからないことをいたずらに心配しても仕方ないです。

私の家を作りたいというささやかな望みを叶えてもいいと思うのです。

何も都内で一戸建てを持ちたい、とかじゃないんです。大家さんには憧れますけど。

中古マンションをリノベーションしたいというだけなのです。

というわけで、全く貯金にも興味がなく、享楽型の夫を説得する必要があるんだよなぁ。

今住んでいる賃貸との比較、およびもし不測の事態があって売却する必要があった場合、いくらぐらいで売れるのか。
同時に物件探し。合わせて住みたいイメージを固めること。今住んでいるところで不便に感じていることの棚卸し。
定期的に家づくり関連の予定を入れて啓蒙する。

希望としては今住んでいる沿線ラインだけど、もう少し視野を広げてもいいのかも。

  • 住宅地であること
  • 意外と緑があること
  • 近場にお出かけスポットがあること
  • 通勤1時間圏内

んー、もう8%のうちに、というのは間に合わなそうだけど、かといって2020年以降までは待てないなぁ。
どうやら地価はともかく、建築費が今後下がるとは思えないし。建材も、人件費も。

新版 家を買いたくなったら

新版 家を買いたくなったら

住まいの解剖図鑑

住まいの解剖図鑑

123人の家 vol 1.5 + ACTUS STYLE BOOK vol.9

123人の家 vol 1.5 + ACTUS STYLE BOOK vol.9