読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのリノベーション

都内の中古マンションリノベーションを計画中です。計画&備忘録に。

予約必須!サンゲツショールームで壁紙&クッションフロア選び。

ショールーム
ショールームめぐりの中でも毎回楽しかったのがサンゲツショールーム。コーヒーを飲みながら、大量の壁紙、クッションフロア、フロアタイルにカーテン他ウインドウトリートメントに囲まれて、毎回テンション上がって(そして種類が多すぎて疲れて)いました。

f:id:workmam:20160306124834j:imagef:id:workmam:20160306124914j:image
ショールームのコーナー展示です。

サンプルカタログだと小さくて分かりずらい壁紙も、広い面積で見るとぐっと印象的だったり。

トータルコーディネートされている空間が何箇所かと、まるっと1軒分のショールームのコーナーが展示されていたり。サンプルもその場でいただけるので、家に帰って柄合わせしてみたり。サイズはA4くらいかな?

なんだかんだショールームで提案に使われている壁紙を結構採用してしまった苦笑
だってイメージしやすかったからね〜

そして、予約なしで自分で見て回ってもいいのですが、使って良かったのがサンゲツのスタッフさんによる提案。
事前にネットで予約して、1時間ぐらい相談に乗ってくれるのだけれど、迷っていた部分もプロのアドバイスが聞けてすっきり!

「こんな感じの柄ないですかね〜」
「天井に使える壁紙は?」
「これとこれどっちが合う?」

フィルム加工されている壁紙は天井には向かないこと、寝室に白すぎる壁は落ち着かないかもしれないといったアドバイスから、漠然としたリクエストにもぴったりの壁紙を提案してくれたり。
アクセントとそれ以外の合わせ方や、天井はワントーン落とすとか、色の決め方の基本を聞いたり。といってもせいぜいアクセント壁を部分的に入れるだけで、そこまで遊ばなかったのだけれど。もっと冒険してもよかったかな…?でもまぁ住みながら手を加える部分も残しておきたいし(といって自分を納得させる)

今まで、あーでもない、こーでもない、とうだうだしていたのが勿体なかったなぁ。もっと早く予約すればよかった!

アクセント壁紙と全体の壁紙を一通り打ち合わせしてジャスト1時間。助かった!

最後には選んだ壁紙のサンプルと品番をまとめてもらい、晴れ晴れとした気持ちで帰路についたのでした。

迷うのも楽しいけど、決まると嬉しい。
未来に目がいく感じにワクワクします!
一番最初に施工されるのは洗面とトイレのようなので、楽しみ。